*
CDジャケット、なかんだかりまき、日仏近現代作品を弾く

仲村渠真紀 日仏近現代作品を弾く

発売日 2010年4月21日(水)
品番 YZBL-1019
JAN 4580274530190
価格 2,500円(税込み)
発売元 及川音楽事務所
販売元 クラウン徳間ミュージック販売株式会社
 

仲村渠真紀のピアノはまさに20世紀フランス、パリの香りを漂わせている。
平野昭(音楽評論家)

今回の仲村渠真紀のピアノはまさに20世紀フランス、パリの香りを漂わせている。そして彼女の大学時代の恩師でもあった平吉毅州の3曲には亡き師への思いも感じさせる暖かな表情をもっている。(中略)今回のアルバムで圧巻なのは真壁康子との4手あるいは2台ピアノで取り上げた作品のすばらしさだ。(中略)全く性格を異にする世界を、ときにダイナミックにスケール大きく、ときに繊細で叙情的で官能的でさえあるような音楽に弾きわけているのは大変にすばらしく、このアルバムの大きな魅力となっている。(ライナー・ノーツより)

ピアノだけで、これほど心を揺らされたのは初めてだった。
George Cockle(ジョージ・カックル:音楽プロデューサー、コラムニスト、作詞家、LAZY SUNDAY(Inter FM)、ISLAND MUSIC SERENADE(FM SALUS)DJ)

彼女のライブピアノ演奏を初めて聴いたとき、このタイプの音楽は何も知らなかった。僕はロックの世界の人だ。今までロックのレコードなら沢山手掛けてきたが、クラシックというジャンルには関わっていなかった。(中略)そんな僕だから、最初に仲村渠真紀のライブに誘われたとき、正直に言うと、寝てしまうんじゃないかと思っていた。しかし、そこにはすごい驚きが待っていた。彼女の最初のピアノのノートを聴いたときから演奏が終わるまで、彼女から目を離せなかった。一曲一曲、波のように私の体の深い所まで、音楽で満たされるように流れ込んできた。静かなパッセージのときは優しい南国のそよ風のように心を癒してくれた。しかし一転、音楽が激しくなると、まるで僕は嵐の海の上で振り回されている小さな船に乗っているようで、恐怖さえ覚えたほどだ。ピアノだけで、これほど心を揺らされたのは初めてだった。何千枚のレコードコレクションの中に、インストゥルメンタル音楽がほとんどない僕には、この感動は自分でも想定外だった。歌がなくてもこれほどリスナーにイマジネーションを与えられるとはすばらしい。その後、 仲村渠真紀のアルバムをすぐに買いに行こうと思ったが、彼女はまだアルバムを出していないと聞いて驚いた。彼女ほどのアーティストがまだ一枚も出していないとは。でもこれからはこのアルバムがあるから、あのコンサートで感動した気持ち、その世界にまた戻れるのがうれしい。(ライナー・ノーツより)

George Cockle

音楽にあふれたピアニスト
原浩一郎(音楽倶楽部「カデンツァ」代表)

(中略)はじめて聴いたとき、この細身の身体から、よくこんなに立派な音が出るな、と感心した。思わずその姿を見て、ピアノ演奏に最適の良い姿勢であることに気がついた。身体全体のエネルギーが、理想的な形で指先に伝えられていくのだろう。その後何度か彼女のコンサートを聴いて、耳の良い人だな、と思うようになった。技術が良くても音楽を聴く耳が悪いと良い演奏家にはなれない。さらにもうひとつ。彼女の中には《音楽》があふれている、ということだ。最初から最後まで、その演奏には《音楽》が途切れることがない。それが彼女のピアニストとしての魅力ある資質であろう。(中略)連弾では、真壁さんという良いパートナーに恵まれて、フランスの作品が魅力的だ。ドビュッシーの繊細さ、ラヴェル特有のラテン的な明るさと豊かな音色は、この人の個性にぴったり合った作品なのだろう。《歌と芸能の国》沖縄から、とても良いピアニストが出てきてくれた、と思っている。(ライナー・ノーツより)

レコード芸術 2010年6月号 新譜月評より

『初めに彼女のソロ、ラヴェルの《ソナチネ》が置かれるが、これは個性的な“訴えかけ”を感じ取らせる演奏で、たんに名曲を“小手し らべ”あるいは“お目見得”のために弾いてみせたというのとは違った意欲がこもっている。つづいてはアルゼンチン生まれのM・マタロ ン(1958~)による作品が弾かれるが、ここに示されるテンベラメントの濃さ、思い切った表現ができる能力も要注目。あ としばらくはデュオとなり、ドビュッシー、ラヴェル、ルトスワフスキが弾かれるが、この演奏ぶりも、終始なにか鮮烈な自発性といった ものを感じさせて、くっきりと印象にとどまる。教わっただけのものではない、情感あふれる奏楽がここには聴かれるのだ。そのあと、私 個人にとっても真に懐かしい友であった平吉毅州(仲村渠にとっては恩師の一人だという)による小品3曲がソロで弾かれ、しばし感慨に 浸らされた。仲村渠真紀、このピアニストはきっと遠からず、その存在感を確乎たるものにする。』

収録曲 1. ソナチネ(ソロ)
2. 2つのテンポの形態(ソロ)
3. 古代6つのエピグラフ (ピアノデュオ4手)
4. スペイン狂詩曲 (ピアノデュオ4手)
5. パガニーニの主題による変奏曲 (ピアノデュオ2台)
6. ハバネラ(ソロ)
7. サンバカンシオン(ソロ)
8. ピアノのための悲歌(ソロ)
9. 4手のピアノの為の屋台ばやし (ピアノデュオ2台)
  • レコード芸術の新譜月評に準推薦盤として掲載されました。
    (2010年6月号)
  • クラシック音楽情報誌 ぶらあぼ のぴっくあっぷページに掲載されました。(2010年6月号)

※このCDは、大手CDショップ、クラシック音楽事務所 Neophiliaミュージックサロンや、一部のコンサート会場でもお求めになれます

CDジャケット、ヴィエントデマーヴォリューム7、ピアノデュオリサイタル

「Viento de mar Vol.7」PIano Duo Recital「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサート

収録日 2005年10月16日(日) Live Recording パレット市民芸術劇場
頒布価格 2,300円(頒布終了)
収録曲 ラヴェル/スペイン狂詩曲、ドビュッシー/小組曲、刀祢明信子/渓谷にて、他
CDジャケット、ヴィエントデマーヴォリューム5、ピアノデュオリサイタル

「Viento de mar Vol.5 」Piano Duo Recital

収録日 2004年7月3日(土) Live Recording 佐敷町文化センターシュガーホール
頒布価格 2,300円(頒布終了)
収録曲 ドビュッシー/リンダラハ、ラヴェル/スペイン狂詩曲、他
CDジャケット、ボンデュシュッドゥ、ヴォリューム3

「Vent du sud Vol.3」日本の作曲家たち

収録日 2003年1月19日(日) Live Recording 三鷹市芸術文化センター
制作 music planning gosenkobo
頒布価格 非売品
収録曲 團伊玖麿/夕鶴より、三善晃/唱歌の四季、高田三郎/ひとりの対話より、他
CDジャケット、ボンデュシュッドゥ、マキアンドシバピアノデュオ

「Vent du sud」Maki & Shiba Piano Duo

収録日 2002年6月30日(日) Live Recording 佐敷町文化センターシュガーホール
制作 gosenkobo
頒布価格 2,500円(頒布終了)
収録曲 ドビュッシー/小組曲、他
CDジャケット、ボンデュシュッドゥ、マキアンドシバピアノデュオ

「Vent du sud」Maki & Shiba Piano Duo

収録日 2001月9月16日(日) Live Recording 三鷹市芸術文化センター
制作 gosenkobo
頒布価格 2,500円(頒布終了)
収録曲 サティ/梨の形をした3つの小品、ドビュッシー/小組曲、他
DVDジャケット、ヴィエントデマー、ピアノデュオリサイタル

「Viento de mar Vol.7」Piano Duo Recital「国際芸術連盟音楽賞」受賞記念コンサート(DVD)

収録日 2005月10月16日(日) Live パレット市民芸術劇場
頒布価格 1,000円(頒布終了)
収録曲 ラヴェル/スペイン狂詩曲、ドビュッシー/小組曲、刀祢明信子/渓谷にて、他
このページの上部に戻る